新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

10R

CapD20180609
⑫は転入2走目の前走で指数30をマーク、これは過去10走で見てもメンバートップ。100mの距離延長も大丈夫そう。
CapD20180609_1
③は休み明けの前走が指数29。しかも「直線流す」との特記ありカナリ強い勝ち方。休んで馬が変わったのか?
CapD20180609_2
①は2走前は「内々回る」「直線内突く」と特記あるようにスムーズな競馬ができなかった。
前走は4馬身差の完勝で指数も24とメンバー上位。ただし今回は下位騎手への乗り替わり・・・
CapD20180609_3
⑨は前走の指数は23とメンバー上位。7走前には指数27を出しておりフロックではなさそう。
CapD20180609_4
⑤は前走の指数22が自身初の20超え。選抜馬の中に入るとやや見劣るか。

③⑫のどちらかは勝つか。
指数20くらいが馬券内のラインとみる。
近走の指数が低くても過去に指数20超えたことのある馬は押さえておきたい。

11R

CapD20180609_5
⑨は2走前は「内々回る」「直線内突く」の特記ありスムーズではなかった。前走は高指数での勝利。
CapD20180609_6
④は近走を見ると指数30くらいは出せそう。5走前は1600m戦で指数34とメンバー2位の指数出しており距離もOK.
CapD20180609_7
①は転入2走目で変わり身をみせて2着。指数も27とそれなり。1枠で後方に押し込められないかが不安。
CapD20180609_8
③は5走前の指数が46とかなり高かったが、その後はそれほどのインパクトはない。今回で馬柱から指数46は
消えるのでなんとかして欲しい。が、永森騎手からの乗り替わり。他馬に乗っているわけでもないのに何でだろうか。
CapD20180609_9
⑥は転入初戦を勝利。1戦しかしておらず指数23が実力とは限らない。距離延長も良さそう。

近走の安定感を考えると軸は④が良いか。
2走指数◎の⑩、5走指数◎の③、転入2走目の⑥が相手。