あたまファンタジック

マキシマム競馬新聞作ってます
(最大競馬新聞发布公司)

カテゴリ: サカモト

新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

9R

人気は⑥①⑩⑦あたり。
CapD20180621_4
⑥は園田転入後は5戦4勝。指数は20~25。近2走は「スタ悪い」と特記あり今回も出遅れる可能性は高い。
CapD20180621_6
①は4走前が指数30(背景色付き)でメンバー上位。2走前に不良馬場の1230m戦で大敗しているのは気になる・・
CapD20180621_5
⑩は笠松からの転入馬。なぜ園田に来たのか・・・普通にやれそうな気はするが。
CapD20180621_7
⑦は前走が指数32と高い。不良馬場は良さそう。

上位馬が軸にするには危険な馬達のような気がするので、
前走好内容で馬場も向きそうな⑦から。
5走以内に不良馬場で高指数出している⑧⑨あたりも一発ありそう。

11R

820mの重賞とかカオスですね。
高知から2頭、佐賀から1頭が参戦。
人気は⑨②④⑦あたり。
CapD20180621
⑨はハイペースでも前に行ける馬で距離短縮でも大丈夫そう。5走前、4走前の指数は50を超えており能力は上位。
CapD20180621_3
②は高知からの遠征馬で昨年の同レース4着。適性はあるが1年経って上積みがあるかというと微妙。
CapD20180621_2
④はJRAから転入して5戦3勝。ただ指数は33~40で抜けているわけではない。吉村騎手+柏原厩舎のコンビは
3着内率73.1%。ヒモには入れないといけないか。
CapD20180621_1
⑦は5走前までは毎回50弱の指数だったが、3走前からはイマイチ。このメンバーだと前には行けなさそう。

2走印◎の①は1230m戦すら経験なし。
佐賀からの遠征馬⑤は900mの実績あるが力が足りなさそう。

⑨を軸に馬券は考えたい。
②は評価下げで。

元記事はコチラ。

新聞は

新聞 園田競馬場 6月20日(水)
新聞の見方

園田と高知の新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

6R

CapD20180621_9
⑨が単勝1.3倍はやり過ぎな気もするが・・・
相手を②⑦⑩に絞って3連単を購入。吉村騎手騎乗の②は頭でも買っておく。
CapD20180621
⑨は勝負所で進んで行かず3着が精一杯。
⑩が②との叩き合いを制す。
CapD20180621_10
CapD20180621_4
CapD20180621_2
CapD20180621_3

9R

CapD20180621_12
⑦⑧が人気を分け合う形に。
スタートが決まれば⑧は3着内には入るとみて3連複・3連単を購入。
CapD20180621_1
④がすんなりハナへ。これは想定外。
⑧は④を追うも逆に潰されて終了・・・。
④の評価を下げている時点でノーセンスでした。
CapD20180621_11
CapD20180621_5
CapD20180621_7
CapD20180621_6
3着には最低人気の⑨が。
CapD20180621_8
6走前と比較的最近に指数32を出しておりヒモには入れておくべき馬だったか。
でも前走の内容を見るとひどいですね・・・

新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

6R

人気は⑨②⑩⑦あたり。
CapD20180620_4
⑨は近2走の指数が21→32と背景色付きで高指数。前々走は「最後流す」の特記あり。前走の指数32は過去10走でみてもメンバー1位。前に行けて鞍上も強化で有力。
CapD20180620_7
②は4走前が指数23と高い。過去10走でみてもメンバー2位。結果を出している1400mに戻るのも良さそう。
鞍上が吉村騎手に戻るのも○。
CapD20180620_6
⑩は前走が6着とはいえ指数は19で背景色付き。スタートが速いタイプではなく外枠は良さそう。
CapD20180620_5
⑦は近5走で背景色付きは無く前走の18が最高。前に行った2頭で決まっており展開・メンバーが向いた面もあるか。
前走の1着馬は本日の5レースに出ており、結果が気になるところ。

近2走の内容を見ると、軸は素直に⑨で。
吉村騎手が乗っている②は頭まで考えたいところ。

9R

人気は⑧⑦②④あたり。
CapD20180620
⑧は近5走中3走が背景色付き。指数も30前後で安定。前走は「スタ躓く」との特記あり後方からで度外視できる。
今回は吉村騎手が乗るのも○。
CapD20180620_1
⑦は3走前の指数が37と過去10走でみてもメンバー1位。近2走はそれほど指数高くないが、今回は3走前と同様に
下原騎手が騎乗。
CapD20180620_3
②は近5走中3走が背景色付きで近2走は指数30超え。前走は1,2着馬の通過順を見ると完全に差し展開。
逃げたこの馬は評価できる。この並びならすんなりハナに行けそう。
CapD20180620_2
④は降級馬だが18週の休み明け。園田では1700m、1870mしか使われておらず1400mはどうか。
B1在籍時の指数も抜けているわけではない。

前走からの巻き返しとみて軸は⑧。
相手は②⑦で④の評価は下げる。
3着荒れを期待する感じか。

元記事はコチラ(6/16)
元記事はコチラ(6/17)

新聞は

新聞 高知競馬場 6月16(土)
新聞 高知競馬場 6月17(日)
新聞の見方

園田と高知の新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

6/16 9R

CapD20180619
⑧が単勝1倍台の人気で④はやや離れた4番人気。
④の3着内を期待して馬連・3連複を購入。
CapD20180619_2
④は4角で前との距離がかなり開いてしまい、これではどうにもならず。
⑧が勝ち切るも、着差は1/2馬身で単勝1倍台の馬のレースではなかったか。
CapD20180619_1
CapD20180619
CapD20180619_1
CapD20180619_6

6/16 11R

CapD20180619_7
①が1番人気だが人気は割れ気味。
単勝と、相手を⑥⑨の馬連・3連複を購入。
CapD20180619_3
①はいつもの末脚がなく、ジリジリとしか伸びず4着まで・・・
⑥が内から先頭に立って直線で外に出す好騎乗で勝利。これはさすが永森騎手といった感じ。
CapD20180619_6
CapD20180619_7
CapD20180619_9
CapD20180619_8

6/17 11R

CapD20180619_8
③が出走取消で馬券的にはかなりつまらなくなった。
④を1、2着固定の3連単を購入。
CapD20180619_4
⑥が早め先頭で押し切る強い競馬で勝利。馬券は惜しくもないハズレ。
②は馬が終わってしまったのか・・・
CapD20180619_9
CapD20180619_10
CapD20180619_12
CapD20180619_11

6/17 12R

CapD20180619_11
ファイナルレースっぽい割れ具合。
③④からの馬連と、相手に⑧を足した3連複を購入。
CapD20180619_5
④は途中から進んで行かずに大敗。③は内々を通って伸びきれず・・・
⑧が来ているだけに当てたかったが・・・
CapD20180619_10
CapD20180619_14
CapD20180619_13
CapD20180619_15
⑪は印は入っていないが5走指数は-10でこのメンバーなら大差なし。
過去10走表では9走前に指数-4がある。外枠も加味すれば買えない馬ではない。
CapD20180619_16
・・・それを言い始めると大体の馬を買い目に入れなくてはいけないんですが。

元記事はコチラ。

新聞は

新聞 園田競馬場 6月15日(金)
新聞の見方

園田と高知の新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

4R

CapD20180619_12
①⑦⑩の三つ巴。⑦の3着内は堅く、⑦に勝てるとしたら①⑩とみて
3連単を購入。
CapD20180619
⑦は①の追撃を振り切り勝利。⑥が⑩との3着争いをクビ差制して
トリガミにもならずに済んだ。
CapD20180619_13
CapD20180619_6
CapD20180619_8
CapD20180619_7
◎→○→▲での決着。⑥は6番人気で評価が低かった。

5R

CapD20180619_15
⑤が単勝2倍の1番人気。ここは⑥の復活に賭ける。
CapD20180619_1
⑥は前を差せず、後から差されるイマイチな競馬で5着まで・・・
人気薄の③が内から差し切る。
CapD20180619_14
CapD20180619_11
CapD20180619_9
CapD20180619_10
CapD20180619_16
③は近走の指数は低かったが、7走前までは毎回指数が20を超えていた。
ここで復活とは・・・

というわけでWIN5代は稼げず。
どうせ外れてましたが・・・

新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

11R

高知優駿は他地区の馬がイマイチわからないのでパスしてA-1のこちらを。
CapD20180616
⑦は4走前、前走と指数50超え。前走は④⑥に先着。どうしても後からになってしまうので流れがどうか。
斤量も57キロと前走比+1キロ。
CapD20180616_1
④は4走前、前走と指数50超え。2走前は⑤⑦、前走は⑥に先着。大崩れしないタイプ。
CapD20180616_2
③は近4走で3度指数50超え。指数低かったレースも勝ち切っておりそんなに気にしなくて良さそう。
取消明けがどうかだけ。
CapD20180616_3
⑥は前走の指数49が最高で50超えは無し。堅実だがこのメンバーではやや劣るか。
CapD20180616_4
②は前走取消明けを勝利するも指数は46止まり。詰めて使えておらずさすがに衰えがあるか。今回は南関の
瀧川騎手とのコンビ。

指数上位5頭で決まりそうな気はするが問題は買い方。
④は3着内なら大丈夫とみる。
頭までありそうなのは③⑦。②⑥は3着までか。

12R

そしてファイナルレース。
CapD20180616_5
④は近5走を見ると今回も指数-5くらいか。永森騎手とは初コンビ。
CapD20180616_6
③は5走前、2走前がメンバー上位の指数。山頭騎手→郷間騎手は鞍上強化。
CapD20180616_7
⑦は2走前が指数-7とそれなりだが、基本的にはかなり低い。上田騎手への鞍上強化があるもどうか。
CapD20180616_8
⑤は前走が復調を感じさせる内容。4走前には指数-9がある。
CapD20180616_9
⑧は通過順を見るととりあえず前には行けそう。このメンバーなら展開利があるか。

近5走で背景色付き指数が2回ずつある③か④のどちらかは馬券に絡みそう。
この2頭から入ってヒモ荒れを狙うのが正解か。

新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

9R

人気は⑧⑤⑥④あたり。
CapD20180616_4
⑧は2走前の指数が22と高い。前走は「スタ悪い」の特記あり自分の形に持ち込めずに崩れた。
CapD20180616_5
⑤は近3走の指数が13→16→14と安定。
CapD20180616_6
⑥は2走前の指数が15で⑤に先着。9走前には指数20超えもあり。
CapD20180616_7
④は5走前、3走前の指数が高い。今回は高指数時と同様に倉兼騎手が騎乗。過去には指数20超えを連発していた馬。

倉兼騎手への乗り替わりが魅力的な④から相手は⑤⑥⑧の3頭。
食い込みがあるとすれば①か。
ある程度絞って馬券は買いたいところ。

11R

人気は①⑨⑥⑩あたり。
CapD20180616
①は2走前の指数が42と高い。6走前、7走前にも指数42を出しており元々能力は高い馬。前走から距離が延びるのも
プラス。
CapD20180616_2
⑨は指数35弱で安定。1600mは昨年春にA級で走って2着4着と問題なし。
CapD20180616_1
⑥は前走が「内々回る」「直線内突く」との特記あり。内を通って突き抜けたのは評価できる。
1600mはC2級で経験あるが、本質的にはどうか。
CapD20180616_3
⑩は転入後2走の指数は26と上位の馬には劣る。JRA時代を見ると距離が延びるのはプラスか。

内枠が気になるが1600mならば①を信用する。
指数30くらいの馬が多く、3着は紛れる可能性を考えておきたい。

新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

本日は早めのレースでWIN5の軍資金でも作りたいなと。

4R

人気は⑦①⑩④あたり。
CapD20180615
⑦は前走が5馬身差の圧勝で指数も25と高い。昨年は指数20超えを連発していた馬で元に戻ったと見て良いか。
CapD20180615_2
①は前走が指数19でメンバー上位。昨年末には指数21を出している。
CapD20180615_1
⑩は近5走では指数15が最高。ただし6走前に指数26、7走前に指数23を出している。
CapD20180615_4
④は近5走では指数12が最高。過去10走を見ても高指数はない。
CapD20180615_3
⑥は3走前が指数17で背景色付き。7走前に指数20を出している。

前走の指数ならクラスが上がっても⑦を信用して良いか。
過去の指数・騎手でみて、⑦に勝てるとしたら①か⑩。
④は人気だが来ても3着までとみる。

5R

人気は⑤⑥⑩⑦あたり。
CapD20180615_6
⑤は20前後で指数が安定。6走前も指数26がある。前走は「直線内突く」との特記あり外へ出せなかった。
CapD20180615_5
⑥は昨年秋~冬にかけては指数25超えを連発していた。前走は「直線内突く」との特記ありスムーズな競馬が
できなかった。降級2走目でそろそろ変わってもおかしくない。
CapD20180615_8
⑩は4走前、2走前の指数18が最高。MXは他馬に劣るが近2走で見れば印▲。下原騎手騎乗もプラス。
CapD20180615_7
⑦は5走前が指数21、6走前が24。前走は大きく崩れたが巻き返しはあるか。
CapD20180615_10
⑨は前走が指数20で2走印は○。廣瀬騎手に乗り替わって斤量が4キロ増えるのはどうか。
CapD20180615_9
⑧は全く人気がなさそうだが3走前は指数25と高い。問題は騎手か・・・

降級2走目の⑥を狙いたい。
3着候補は多く、3連系のヒモは手広く流したいところ。

元記事はコチラ。

新聞は

新聞 園田競馬場 6月14日(木)
新聞の見方

園田と高知の新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

7R

CapD20180615_10
⑩が1番人気で④②と続く。
⑩からヒモ荒れを狙って3連複を購入。
安そうな④との組み合わせは3連単を押さえる。
CapD20180615
⑩は4角2番手から④を競り落として勝利。1→2→4番人気の平穏な決着。
CapD20180615_11
CapD20180615_4
CapD20180615_2
CapD20180615_3
今回の⑩の通過順は7-8-3-2。近走の通過順と比べると差がスゴイ。これが騎手の差ですかね。

10R

CapD20180615_9
ここは②⑨が人気を分け合う形に。⑨の一本被りになると思ったので意外。
⑨を1,2着固定の3連単を購入。②か⑦の1着に期待。
CapD20180615_1
⑨はスタートで遅れる・・・
リカバリーするも最後に②に差され連勝はストップ。
田中騎手も上手かったし、これは仕方無い。
馬券は②が頭で来たが1~3番人気の組み合わせで激安に。
CapD20180615_8
CapD20180615_7
CapD20180615_5
CapD20180615_6






新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

7R

人気は⑩④②⑦あたり。
CapD20180614
⑩は前走でやや崩れたが4走前に25、2走前に24と高い指数を出している。今回は吉村騎手が騎乗。寺地騎手以外が
乗るのは18走ぶり。勝ちに来たと考えるのが自然か。
CapD20180614_1
④は4走前が指数23、前走が25と指数は⑩と互角。57キロを背負うのは2年半ぶり。②との先行争いが鍵か。
CapD20180614_2
②は2走前が指数25、前走は20だが「最後流す」の特記あり。57キロを背負うのは初。あとは良馬場の時は指数が
低めなのは気になる。
CapD20180614_3
⑦は3走前、前走が指数高め。ただ近走の好走は稍重・重のとき。良馬場でどうか。

寺地騎手→吉村騎手への乗り替わりは見逃せない。軸は⑩。
③⑤⑧⑨と、良馬場で指数20以上を出した馬も多く相手は広めにいきたい。

10R

人気は⑨②⑧⑦あたり。
CapD20180614_4
⑨はデビューから7連勝中。そして小谷騎手→吉村騎手への乗り替わり。負けてないのに乗り替わりとは・・・
B2までクラスが上がると小谷騎手では厳しいということなのか・・・。
CapD20180614_5
②はJRAからの再転入。園田では5,6走前に走っており指数は27と34。指数的にはここでもやれる。ただし両方重馬場
だったので良馬場でどうなるか。
CapD20180614_6
⑧は馬場問わず毎回指数30前後で安定。勝てないタイプだがヒモには入れておきたい馬。
CapD20180614_7
⑦は3走前、4走前が背景色付きで指数上位。しかも両方良馬場でのもの。B2にクラスが上がって2走は
結果が出ていないが狙うならここか。

7Rと同様で、小谷騎手→吉村騎手への乗り替わりは見逃せない。圧倒的な人気になりそうだが
⑨を軸に。ただし②⑦は騎手込みで一発ありそう。②⑦の頭の馬券も押さえておきたい。

↑このページのトップヘ