あたまファンタジック

マキシマム競馬新聞作ってます
(最大競馬新聞发布公司)

カテゴリ: サカモト

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

12R

CapD20190621
近走で指数30超えは⑥⑦の2頭。ただ、2頭とも不良馬場で出した指数なのが気にはなる。
⑦は吉村騎手へのプラスの乗り替わり。
CapD20190621_3
CapD20190621_4
2走印、5走印▲の2頭は騎手がイマイチ。軸には出来ないか。
CapD20190621_1
CapD20190621_2
その下の2頭。②は前走が指数28。毎回前には行ける馬、この並びならばハナ切れるか。
③は毎回指数20以上は堅実に出せる馬。2、3着固定にしやすいのはこういう馬。

軸候補は②③⑦、頭まで考えるなら②⑦で2、3着狙いなら③か。
人気の⑨は軽視したいところ。
過去10走内の高指数ある降級馬の⑫はヒモには入れておきたい。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

7R 高知優駿

昨年は九州ダービー馬が勝ちましたが今年はどうでしょうか。
CapD20190616_2
九州ダービー馬。3走前は⑫に4馬身差の勝利。ダービーも完勝で実力は文句なし。
CapD20190616_3
④は4走前に⑪に完敗。その後の成績からも厳しいか。
CapD20190616_4
CapD20190616_5
今年は園田から2頭が参戦。
⑤は近2走の指数が40超え。岡部騎手が負傷で乗り替わりだが、主戦の大山騎手なら大丈夫か。
⑥は前走がのじぎく賞で指数31。吉村騎手騎乗だが⑤には劣るか。
CapD20190616_1
CapD20190616
地元の有力馬は2頭。1800mの前哨戦の1、2着。指数も43、38と高指数。
にしても⑫の雑賀厩舎×御神本騎手の組み合わせはどういう経緯なんだろうか。

雑賀厩舎は②⑧⑨⑫の4頭出しなんですね。
軸は⑫で良いか。
⑫に勝てるとしたら①⑤⑪、②は永森騎手だが来ても3着か。
JRA時は1800mを使っておりわざわざ下原騎手が乗りに来た⑧も押さえておく。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

11R 六甲盃

今年2回目の六甲盃ですね。3ヶ月前の六甲盃の1、2着馬も参戦。
CapD20190614_1
CapD20190614
⑫は前走の兵庫大賞典で指数65。⑥は笠松に遠征してカツゲキキトキトのアタマ差2着。
CapD20190614_2
その⑫を前走で4馬身千切ったのが⑪で指数は72。
2400mは2017年の六甲盃で走っており7着(勝ち馬はカツゲキキトキト)。
CapD20190614_3
CapD20190614_4
①は前走1870m戦で指数59。騎手が気になるが馬券内ならあってもおかしくないか。
③は3頭目の新子厩舎馬。田中騎手が乗るのは珍しい。
CapD20190614_5
CapD20190614_6
CapD20190614
他地区からの遠征馬は3頭。
②は門別のOPでもやれておりここでも通用する下地はあるか。
④は南関東の重賞では厳しいが指数は50超。長距離は得意なので2400mはプラス。
⑩は笠松で掲示板止まりでは厳しいか。

1着候補は⑥⑪か。
インをロスなく回ってきて①②③辺りの食い込みに期待したいところ。

新聞をレース前にご覧頂くには
e-SHINBUN(イー新聞)から新聞の取得方法

12R

このレースは面白そう。
CapD20190612
軸は⑨。木村厩舎に田中騎手が乗るのは初。さすがに勝負になる馬を任せますよね。
指数39は1400m戦でのものだが1700mでも指数33を出しており問題なし。
CapD20190612_1
CapD20190612_2
上位騎手の騎乗馬は③⑤。1700m戦では③は2走前に指数25、⑤は4走前に22。
人気で飛んでもおかしくない数値。
CapD20190612_7
CapD20190612_5
CapD20190612_6
2走印上位馬は②④①。
②は南関東からの転入初戦で長期休み明け。
④は田中騎手の時でないと走っていないですね。前走からはプラスの乗り替わりですがどうか。
①は田中騎手から大柿騎手へのマイナスの乗り替わり。この脚質で最内枠なので上手く乗れるかどうか。
CapD20190612_8
⑩は5走印が〇と上位。C1への降級2走目で前進ないか。
CapD20190612_3
CapD20190612_4
⑥⑧は大山、杉浦騎手が騎乗も指数は低め。

⑨は1番人気だろうが、人気しそうな①②③あたりはそこまで信用できず。
ヒモ荒れを期待する余地は充分ありそう。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

もう東京ダービーか、早いですね。

11R 東京ダービー

大井競馬での高指数順に並べるとこうなります。
CapD20190605
CapD20190605_1
CapD20190605_2
CapD20190605_3
CapD20190605_6
CapD20190605_4
CapD20190605_8
CapD20190605_7
個人的には指数40超えの④までが買える範囲。

それにしても⑫の指数63はすごいですね。⑩の53も十分高指数ですが。
⑫の騎手厩舎成績は母数が15と少ないが勝率53.3%、連対率60.0%と好成績。
⑩の騎手厩舎成績は連対率43.7%、複勝率60.6%。2,3着固定で面白そうな傾向に。
どちらを軸にするかは、買い方によって変わりますね。

③④⑪あたりが2着まで食い込めれば配当も良くなりそうですが。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

昨日はWIN5がキャリーオーバーしていましたね。
後半5レースの現時点での1番人気馬を見てみましょう。

8R

CapD20190530_4
前走は1230m戦で指数23。近5走、1230m戦でこれより指数が上だったのは⑫(指数24)のみ。
1230m戦だと前へ行けていないのが気になるが吉村騎手が何とかしてくれるはず。

9R

CapD20190530_3
南関東からの転入馬。後ろから行く馬でこの枠はポジション取れなさそうですね。
指数も抜けておらず。

10R

CapD20190530_2
前走は1230m戦で「スタ躓く」の特記あり前付けできず参考外で良さそう。
2走前の指数は42と優秀。前付けできれば押し切れるか。

11R

CapD20190530_1
前走は1230m戦で指数39。近5走、1230m戦でこれより指数が上だった馬はおらず。
スタートがあまり良くないので斤量1キロ増でどうか。

12R

CapD20190530
前走は同距離で捲りが決まり完勝。ただ毎回後ろからになる馬で斤量1キロ増の今回は
そこまでの信頼はないか。

WIN5的には、自信を持って1頭固定にできる馬がいませんね・・・
その分馬券は楽しめそうですが。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

本日の高知競馬は1~3Rまで永森騎手が3連勝。
この前5月は調子が悪いとツイートをしたのですが・・・

ということで永森騎手の騎乗馬を見てみましょう。

5R

CapD20190525
前走の指数が優秀で2走印◎。

8R

CapD20190525_2
1600m戦の指数だが5走印◎。8走前に1400m戦で指数19ありこのメンバーなら上位。

11R

CapD20190525_3
南関東から転入3走目。相手が強力で頭は厳しいか。


こういうのを書くとその後は散々な成績で終わったりするんですよね・・・
全部馬券内には来てほしいですが。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

CapD20190522
CapD20190522_1

CapD20190522_2
CapD20190522_3

CapD20190522_4
CapD20190522_5

昨日のトリプル馬単の結果です。
買ってたら当てられたんじゃないか、って終わった後に思いますよね。
買ってないんですけど。後からなら何とでも言えますしね・・・

11R

ということで今日のメインは大井記念。S1で1着賞金は3200万円だけあって
良いメンバーですね。
CapD20190522
CapD20190522_1
ヒガシウィルウィンは昨年の3着馬。でも主戦の森騎手はタービランスに騎乗。
そしてそのタービランスが印◎。軸はこの馬にしましょう。
CapD20190522_2
CapD20190522_3
休み明けの2頭。リッカルドは昨年の勝ち馬だが近2走はイマイチ。
モジアナフレイバーは4走、3走前に同距離で好走しているがどうか。
CapD20190522_4
ディアデルレイは2000mがどうか。
サウンドトゥルーは以前ほどの強さはないが昨年の東京大賞典では4着。
CapD20190522_5
センチュリオンは転入2走目。JRA時代は中山が得意だったように右回りの大井に変わって
さらに指数を上げる可能性は高いか。

②を軸に2列目候補が⑤⑧⑩⑭。指数60くらいまでの馬は3列目には入れておきたいところ。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

昨日のWIN5は最終レースを残して18票残り。
で、4番人気の馬が勝ってキャリーオーバー。
CapD20190517
1~2人くらい的中するかと思いましたが、トップ3(吉村・下原・田中学騎手)が
騎乗していなかったのも影響したのかも。

本日の2レースなんて騎手の差が出たレースだったのでは。
CapD20190517_8
下原→大山騎手への乗り替わり、1角7番手(9頭立て)で6着。
CapD20190517_9
大柿→田中騎手への乗り替わり、1角2番手で1着。

しかも田中→吉村→下原騎手で決まりましたね。


ということで、トップ3のWIN5対象レースの騎乗馬を見ると

8R

CapD20190517_1
8Rは田中騎手のみ。かなり有力ですね。JRAからの転入馬⑥が未知数ですが。

9R

CapD20190517_2
9Rも田中騎手のみ。C1への昇級戦だが騎手パワーで持ってこれるか。

10R

CapD20190517_3
CapD20190517_4
田中、下原騎手の2人で印も厚い。①は前走③に完敗だが、今回は斤量差が1キロありどうか。

11R

CapD20190517_5
CapD20190517_6
共に前走は下原騎手が騎乗。②は下原→田中騎手への乗り替わりなら気にしなくてよさそう。
④⑧も指数が高いがどうなるか。

12R

CapD20190517_7
やっと吉村騎手が登場。鴨宮騎手からの乗り替わり。
指数◎は竹村騎手騎乗の⑤、人気は松本騎手騎乗の②ですがどうでしょう。

5レースの内いくつ勝ちますかね。

新聞は
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

今日は園田・高知がナイターですね。
昼は浦和をやって夜に備えましょう。

7R

CapD20190503_6
CapD20190503_7
軸は2択。
①は高知から転入3走目。浦和1400mで勝利し前回は船橋で4着。騎手厩舎成績も良く枠も〇。
④は休み明け2走目。3走前には浦和1500mで指数32と高指数。前回も指数は低いが2着。
今回は藤本→矢野騎手へのスイッチ。そして小久保厩舎。
CapD20190503_2
②③は印は入っていないが共に浦和成績は悪くない。この枠ならヒモには必須。
CapD20190503_1
逆に印が入っている⑪⑫は枠が厳しい。
⑪は近走成績を見ると2走前はマグレか。騎手厩舎からも狙える要素がなさげ。
⑫は浦和含む近3走が連続3着と安定している。
CapD20190503
⑤も印入り。前走は浦和1500m戦で2着。評価を下げる理由はないか。

レース名の下にある浦和での指数順を見ると
CapD20190503_3
④が中心ですかね。相手は①②③⑤。
いつも想像を超えてくるので、いくら指数が低くても気になった馬は
とりあえずヒモには入れてましょう。

↑このページのトップヘ