あたまファンタジック

マキシマム競馬新聞作ってます
(最大競馬新聞发布公司)

カテゴリ: グリグリ


e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

TEXT:菊池グリグリ


マキシマム競馬新聞を使って
”お仕事終わりに地方競馬を楽しめて、かつ少し良い晩ご飯(晩酌)が出来る人が増えたら良いな”というのが、
作成者の理念とのことです。共感しております。

一人電車で帰るその道すがらに…仲間と居酒屋で飲みながら…休日の少し退屈な午後に…
そんな楽しみがあるというのは良いですね。

その補助ツールになればと考え、通過順を視覚的に捉えられるものを個人的に作成しています。
ひと目でパッと見られたら楽だなと。そんな気持ちで作っています。こんな感じです。

7月16日(火)の船橋競馬

20190716船橋01-03R

20190716船橋04-06R

20190716船橋07-09R

20190716船橋10-12R

ざっくりとした傾向を列挙しますと・・・
 
 ●脚質は前寄り、2~3番手がベストポジションの感

 ●内枠の好走が少なく、中~外枠の好走が多い。中でも7枠が目立った。

 ●やや人気馬が力を出しやすい状況


雨続きで今節はずっと道悪。火曜も不良で、昨夜も降っていたので水曜も不良馬場で始まります。
水曜の関東は久々に晴れ間がありますが、途中で回復するかどうか?までは微妙な印象です。

帝王賞の前日のような偏りの予感がしないでもない、あの日は凄かった…。
この件についてはコチラを。
http://blog2.jrdvsp.com/archives/18423954.html


さて、タイトルの件。

マキシマム競馬新聞をパパっと見て簡単に思ったことを書いていきます。
手前のレースからいくつか。

なお、JRAと違って現時点では基準オッズが作成できないため、ガチガチの場合もあります。
参加しても良いレースかどうかは、できればオッズを見た上で各自ご判断ください。

<船橋06R>

前走指数・5走内指数ともに、07番ブルーメーア・11番リュウノファンタジの2頭で、3番手とはやや差があります。2頭が枠も良い。
190717船橋06Rの7

190717船橋06Rの11

ここは本当にオッズ次第になりますが、馬複+ワイド、或いは3連複2頭軸など。
意外と内枠が人気になりそうな様相もあるので、納得感あるオッズなら妙味を取れるか!?

◎07番ブルーメーア
〇11番リュウノファンタジ


<船橋08R>

レース名が面白い。普通のことを大きい声で言いました!みたいな感じ。バカっぽくて好きです。

人気になりそうなのは01番イリオン。2走前の45は偉いですが、当地1200mの前走は34。

190717船橋08Rの01

それなら2走前に当地35の07番ウインペザントにも資格は十分。枠はこっちの方がいいのでは?

190717船橋08Rの07

◎07番ウインペザント


<船橋09R>

外枠で前半3Fタイム上位に入っているのが12番グローリアスペルレ。

190717船橋09Rの前半

3走前の43はメンバー中の5走内で2番手。安定かつ道悪もOKの様子。

190717船橋09Rの12

相手選びは難しそうですが、軸はここから入るのが良さそうです。
2列目を2~3頭にしぼっての3連複フォーメーションなどがいいでしょうか。
このあたりは直前のオッズを見つつ。

<船橋11R・習志野きらっとスプリント>

できればご購読いただきたいので、チラリチラリと部分的に(笑)。

人気の中心は昨年の覇者アピアでしょう。昨年(5走前)を見ると記録的にはそこまで…感。
昨年57キロから今年は58キロ。

190717船橋11Rの10

06番ノブワイルドは5走前・4走前が強い内容でした。
今回は距離が課題ですが、前走の川崎スパーキングスプリントでは、ラディヴィナ・ヨンカーからタイム差なしで、指数はこちらが上。
叩き二走目の上積みも見込めそうです。

190717船橋11Rの0506


昨年3着のサクラレグナムは引き続き高知で頑張っています。もう10歳。
08番ラディヴィナは昨年3番人気。当時と同じ54キロ。今回はそこそこ人気落ち?
去年と比べてアピアから1キロもらえます。穴はコレ?

190717船橋11Rの0809

ということで、配当妙味も期待しつつ…
★06番ノブワイルド
☆08番ラディヴィナ

あたりに注目しています。



今回は以上です、ありがとうございました。

菊池グリグリのTwitter→@guriguritk

e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方



e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

TEXT:菊池グリグリ


マキシマム競馬新聞を使う上での心がけ!
それは、
”お仕事終わりに地方競馬を楽しめて、かつ少し良い晩ご飯(晩酌)が出来たら良いな”というもの。

一人電車で帰るその道すがらに…仲間と居酒屋で飲みながら…休日の少し退屈な午後に…

その補助ツールになればと考え、通過順を視覚的に捉えられるものを個人的に作成しています。
通過順って、数字では出ているけども、無機質な数字を眺めても入って来にくいじゃないですか。
しかも、レースごとにページを跨いだりするじゃないですか。
明らかに内を通った馬しか来なかったり、内枠(外枠)が有利な馬場になるような日もあるじゃないですか。

というわけで、ひと目でパッと見られたら楽だなと。そんな気持ちで作っています。こんな感じです。

7月9日(火)の大井競馬

20190709大井01-03R
20190709大井04-06R
20190709大井07-09R
20190709大井10-12R

結構難しかったです、人気順が示すとおり、大波乱もありました。
展開によって指数をひっくり返すケースも多く見られました。

ざっくりとした傾向を列挙しますと・・・
 
 ●逃げ切りは3回のみで、全て単勝オッズ1倍台の1番人気だった

 ●馬番1番が[3・1・3・5]、6・3・3番人気で3勝

 ●通過順箱の外からの差し・追込みの馬券絡みが多数あった


月曜が重馬場で始まり、火曜も重。水曜は朝イチが稍重発表となっています。
今節が始まってからは雨が降っていないので、傾向が変わる可能性はあるので注視すべきですが、
昨日は昨日で特殊な偏りが発生して面白い日でした。

ちなみに、前回この記事を作成した帝王賞の前日も凄かった。
この件についてはコチラを。
http://blog2.jrdvsp.com/archives/18423954.html


さて、タイトルの件。
今日のレースを予想して、気持ちよく、余裕を持ってメインレースのJDDを迎えましょう。

なお、JRAと違って現時点では基準オッズが作成できないため、ガチガチの場合もあります。
参加しても良いレースかどうかは、できればオッズを見た上で各自ご判断ください。

<大井06R>

1枠1番のアントルメが前走指数1位、5走内指数2位

190710大井06Rの01

前半3Fタイム上位もこんな感じで

190710大井06Rの前半

森泰斗騎手なので人気は必至ですが、軸には最適でしょうか。

13番ゲンキチヤマトは前走指数2位、5走内指数1位

190710大井06Rの13

矢野貴之騎手で、藤田輝厩舎との成績も良好。差し好走歴もあり。

その他も差し好走歴のある馬を選びたいところ(赤丸)

190710大井06Rの03
190710大井06Rの05
190710大井06Rの0809

◎01アントルメ
▲13ゲンキチヤマト
△09マルヨジョージア
△03ヤヨイフェアリー
△08ヤマニンフィオッコ
△05ユイフェンネル


<大井08R>

08トリプルアローは前走で13コウギョウサウスを差し切り。ただ、人気になりそうな割に他馬との差はさほど?
190710大井08Rの08

10スプリングアースは5走前だけ走れれば上位争いが可能ではあるものの、近4走は指数が平凡。
御神本騎手とのコンビでも伸び悩んでいる現状。
190710大井08Rの10

04アルバストラーダは前走1位・5走以内2位。また森泰斗騎手なので上位人気が予想されますが、
大井1600mなら安定しており末脚もあるタイプ。

190710大井08Rの04

その他の上位は外枠。
13コウギョウサウスは前日の馬場傾向を引き継いで逃げ不利だと不安。傾向に変化が見られれば。
14セリスは前日の馬場傾向を引き継いで差しが届きやすければチャンスが大きそう。
15マイネルリノセロスは2走前のようなマクリが打てるかどうか。ムラあり安定を望むのは難しい印象。
190710大井08Rの131415

01キアロディソーレは5走以内に上位争い可能な指数が2回。
ある程度の位置を取れるタイプで、勝ちきれるかはともかく複軸なら検討してみてもアリな範疇。
190710大井08Rの01

安定を求めれば04番アルバストラーダから。
ただ、相手も広いのがどうか。01番キアロディソーレから入れば目数を増やせる。

穴01キアロディソーレ
〇04アルバストラーダ
△14セリス
△08トリプルアロー
△13コウギョウサウス
△15マイネルリノセロス
△10スプリングアース


<大井12R>

取り返そう!ではなく、ダブルアップになっていることを祈りつつ・・・。

ここは2頭が指数的に抜けている場面。近走内容から10テラザトゥモローの方が上位でしょうか。
昨日の最終レースで断然1番人気を飛ばした真島騎手。今日はよろしくお願いします。

190710大井12Rの10

190710大井12Rの02

3頭目候補はこのあたりから。
11セイジーニアスだと配当に期待が持てるかも。

190710大井12Rの前半


以上です!

JDDの個人的な見解はTwitterの方で。
それでは皆様、よきジャパンダートダービーDAYをお過ごし下さいませ。

菊池グリグリのTwitter→@guriguritk

e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方



e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

TEXT:菊池グリグリ

マキシマム競馬新聞のモットー!それは、
”お仕事終わりに地方競馬を楽しめて、かつ少し良い晩ご飯(晩酌)が出来たら良いな”というもの。

一人電車で帰るその道すがらに…仲間と居酒屋で飲みながら…休日の少し退屈な午後に…

その補助ツールになればと考え、通過順を視覚的に捉えられるものを個人的に作成しています。
ほら、通過順って、数字では出ているけども、数字を見ても入って来にくいじゃないですか。
しかも、レースごとにページを跨いだりするじゃないですか。
明らかに内を通った馬しか来なかったり、内枠(外枠)が有利な馬場になるような日もあるじゃないですか。

ひと目でパッと見られたら楽だなと。そんな気持ちで作っています。こんな感じです。

6月25日(火)の大井

20190625大井01-03R
20190625大井04-06R
20190625大井07-09R
20190625大井10-12R

とりあえず一覧です。
で、新聞の使い方・見方(と言っても単純ですが…)を紹介&宣伝させていただきつつ、
上手く行っているレースを中心に振り返ります。良い結果が多かったので長いです(笑)。

20190625大井02R

190625大井02Rの1


190625大井02Rの2


190625大井02Rの結果


指数1位&2位で馬複670円。ワイド330円。この感じ方には個人差があると思われます。
納得しない人の方が多いかもしれません。
ハッキリ言って3着を拾えたかどうか?のレースだったかな?…とも。
今回は、マキシマム競馬新聞上のデータから拾うのは簡単ではなく、
総流しじゃないと3連複10,470円、3連単25,350円には届かなかったかも…。

20190625大井03R

190625大井03Rの結果


03R、こんなについていました。3連復42,940円に3連単172,840円。
馬複でも4,360円!これがね。

190625大井03Rの1

190625大井03Rの2

あっさりと指数1位&2位で決まってのものだったりします。
んで、3着は…?

190625大井03Rの3

え。△付いている、何か拾えそう。
190625大井03Rの3補助

前半3Fタイムの上位にも13番は入っていました。
これで3連復42,940円、3連単172,840円かよ…という結果ですよね。
お次は5R。

20190625大井05R

190625大井05Rの結果


3連複7,090円、3連単40,390円。馬複3,010円。
3Rに比べるとインパクトは弱いかもしれませんが…

190625大井05Rの2


190625大井05Rの1


190625大井05Rの3

ただし、〇→◎→▲。。。やり過ぎでしょうマキシマム競馬新聞。
多いので飛ばします。9R。

20190625大井09R

190625大井09Rの結果

190625大井09Rの1

190625大井09Rの2

190625大井09Rの3

まぁ、これは3連複5,340円は当てやすいけど、3連単72,280円に届くにはボックスやマルチ買いが必要…
馬複9,780円にもそう近くないよね、ワイド650円じゃ満足できないよね…って、どんだけワガママになってんだ。
前半があまりにも鮮やか過ぎてマヒしそうになりました。十分だと思います。

というか、中盤にもソコソコ良い結果と言えるレースがありましたが、
鮮やかなレースがあって、霞みますし、僕が書く量があまりに増えるので割愛しています。
何やら、仮に指数を中心に買い続けていたら前半でとっくにプラ確していましたね。
なぜ、僕がブログを書くと宣言した時に限ってこんなことになってくれるのか。

いつもいつもこうではないのです。
南関は園田や高知に比べて難しいですし、どのレースを書こうか?って悩む日も多いです。
だけど、ドハマリすると、こんなことになるのがマキシマム競馬新聞。

まだ今から、帝王賞当日のレースの予想を書くと思うと
しんどくなるくらい振り返るべきレースが発生することがあったりすると。
ご覧頂けたことは素直に喜んでいこうと。ひとまずそう考えて次へ進みたいと思います。

ここからが本題、帝王賞当日のレースで種銭を増やすための材料を拾いましょう。
※全部は書きませんよ!できれば新聞を買って頂きたいので!(令和は素直に生きたい)

ちなみに、通過順からの傾向としては…

 ●月曜・火曜ともに後半こそ逃げ切りがあったものの、差しが届きやすい
 ●火曜は8Rから不良→重に馬場状態が変わった、そして後半に逃げ切り発生
 ●水曜は、重→稍重への変更も予想される(傾向変化に注意)

などが挙げられます。
蛇足ですが、比較的難易度が低そうなレースを。

なお、JRAと違って現時点では基準オッズが作成できないため、ガチガチの場合もあります。
参加しても良いレースかどうかは、できればオッズを見た上で各自ご判断ください。

<大井01R>

190626の大井01R

まず、前走の内容が優秀な11番が少し抜けたトップ。
騎手の名前で売れるタイプでもなさそうですし、良い感じの軸候補になるかもしれません。
リスクも併せ持っているわけですが…。

190626の大井01Rの2

指数2位はヤマノシャチー。
こちらも有年騎手なのでそこまでアテにはできませんが、配当妙味でカバーできそうな1頭。

190626の大井01Rの3

次いで相手候補になってくるのはコチラの2頭。
モンサンルナは1戦1勝で伸びしろもあり、騎手の実績からも人気になりそう。

190626の大井01Rの4

01番カンガラーも矢野貴之騎手なので人気になりそう。
ただし、指数面ではそこまで。そして、2走前のようにスタートが今一歩という可能性も。

190626の大井01Rの5

02番ジョブックビザーレはJRA→笠松で、2→1→1着。
人気になる可能性もありそうですが、ジョッキー的にもそこまで?押さえで良いかも。

190626の大井01Rの前半

先行できそうな候補に挙がっているので、01・02番は押さえ。
適度に配当も欲しいので、11番か09番から入るのが、良いでしょうか。

ここまで見せると怒られるかもしれませんが、朝イチから行く方もいらっしゃるでしょうから、
少しサービス過剰(ハズレたら意味ないけど)になったかもしれません。
以降は駆け足で行きます。


<大井04R>

190626の大井04Rの1

近走好調かつ、前走で大幅に指数の伸びた04番スペシャルガール。
ただし、7歳でそこまで信用しにくい?

190626の大井04Rの2

15番ララメンテは前走が2着ながら指数は今一歩。
ただし、4走前が優秀で、前走をきっかけに道悪の馬場も味方に前進する可能性も。

どちらかを軸に据えればそんなに大きな間違いはなさそう。


<大井07R>

190626の大井07Rの1

190626の大井07Rの2

ここは2頭でガチガチの可能性も?
オッズ次第で検討したいところですが、どちらも前走は逃げて上手く行った2頭。
それならば、2走前に差す競馬で上手く行っている07番ワイルドファイアの方がアテになりそうです。


<大井08R>

190626の大井08Rの1

ざっくりこのあたりに固まっている中で、14番キャッスルワンダーが前走好内容。
13番ジョセフテルミーは3走前が優秀。前走で1800mに対応の兆し。

190626の大井08Rの前半

あとは前半3F上位をヒントに組み立てを。


<大井09R>

190626の大井09Rの1

3走前・4走前だけ走れば十分に足りる03番パワフルヴォイス。
叩き2走目で変わり身を見せてくれる可能性に期待します。
レーン騎手が人気を吸ってくれれば、そこそこ手を広げられるかも。


<大井10R>

190626の大井10Rの1

人気がそこまででも無いようなら15番ジュンサロマ。
3走前が高パフォーマンスですし、騎手×厩舎の組合せも良好!
この馬のオッズが軍資金を大きく左右する!?

以上です!
今回は回顧が長くなったこともあり、過去最長のボリュームになりました。
帝王賞という大レースの当日なので、スペシャルだったと後付けさせてください。
次回以降、急にボリュームが足りないな、ということがあっても、
「あの時が特別だったんだ」という納得をしてもらえれば幸いです。


帝王賞の個人的な見解はTwitterの方で。
それでは皆様、よき帝王賞DAYをお過ごし下さいませ。

菊池グリグリのTwitter→@guriguritk

e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方




e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

3回前の記事を作った日には、前半3Fタイム上位の穴馬が好走する傾向があったので、そういった偏りが生じた際に見逃さないための補助ツールというイメージでこういうものを作成して、改良しながら現在に至ります。

アフター5で競馬をやる方が、パッとひと目で理解するのに良いかな~と思って、
マキシマム競馬新聞の補助ツールというイメージで作成しております。

6月11日(火)の分、05R~12Rです。

20190611川崎05-06R
20190611川崎07-09R
20190611川崎10-12R


結論から申し上げますと…

 ●人気薄の好走はやや内枠が多い
 ●指数上位なのに人気薄の馬に注目
 ●前半3Fタイム上位に穴馬が潜む


こんな印象を受けております。
例えば、05Rのようなパターン。

190611川崎05の1

190611川崎05の2

190611川崎05結果

2頭を上手く絡めれば…の三連複19,670円!
こういうのを上手に拾っていきたいですね。


では、本日も関東オークスの手前のレースを簡単に見ていきましょう。

<川崎07R>

190612川崎07の1

指数からは10番シグラップエリー。
前半3ハロン上位にもかろうじて入っており、中心視しやすいキャラ。
鞍上の不安を配当妙味でカバーできるかどうか。
190612川崎07の2

相手の穴候補は01.04.07あたりでしょうか。この3頭が絡んでくれて少し配当が跳ねれば…といったところ。
190612川崎07の3

02番は森泰斗騎手で人気になりそうですが、指数・前半3ハロンからは少々不安も。
03番は指数上位。人気がそこまででもない可能性あり、面白い1頭。


<川崎08R>

01番が3連勝中で断然人気。昇級戦でもアッサリでしょうか?
今回は赤岡騎手に乗り替わり。
逆転候補を考えるなら04番でしょうか。2番手からでも競馬ができるし、前半3ハロン上位にもランクイン。
あとはオッズと相談しつつ。

190612川崎08の1

<川崎10R>
ここは900m戦。
まずは前半3ハロン上位から見ていきましょう。

190612川崎10の1

05番と03番が上位。この2頭が指数面でも上位の存在で。
190612川崎10の2
190612川崎10の3

配当妙味がありそうなのが09番。
190612川崎10の4

09番アイアンハートが2着まで来てくれれば、少し配当面にも期待が持てるでしょうか。


その他の馬については新聞でチェックしてみてください!


TEXT:菊池グリグリ
菊池グリグリのTwitter→@guriguritk



6月5日、大井では南関東クラシックの東京ダービーが行われます。
そこで、月曜からマキシマム競馬新聞を見つつ大井の傾向を観察中…。

e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法
新聞の見方

2回前の記事

を作った日には、前半3Fタイム上位の穴馬が好走する傾向があったので、そういった偏りが生じた際に見逃さないための補助ツールというイメージでこういうものを作成して、前回の記事を書きました。

ちょっと改良しまして、現在こんな感じです。
20190604大井11R

で、今週の大井ですが、6月3日(月)は差し・追込みが割と来ますねぇという印象。
これはこの通過順ツールも役立つんじゃないか?と思い、6月4日(火)分を作成。
アフター5で競馬をやる方が、パッとひと目で理解するのに良いかな~と思って、
マキシマム競馬新聞の補助ツールというイメージで作成しております。

20190604大井01-03R

20190604大井04-06R

20190604大井07-09R

20190604大井10-12R
結論から申し上げますと…
 ●月曜よりは前残りの決着もあった
 ●後半にかけて(クラスが上がるにつれて)差し・追込みの台頭があった
 ●指数がめちゃ強い!!

こんな印象を受けております。
特に、指数についてはサカモトさんのこの記事をご覧頂くと分かりやすいでしょう。

指数上位で決まっても案外つくな・・という結果も結構あります。
そして、そこそこ当たるので楽しいはずです(笑)。

で、5日(水)は東京ダービーです。
その手前のレースを見てみましょう。

<大井08R>

190605大井08の01版

まずは01番アタックガール。鞍上も矢野貴之騎手なので信頼しやすいところ。
指数上位ももちろんですが、赤い丸で囲んだ詰め脚の数字にも注目しましょう。
ざっくり言うと、当該レースで前半から後半にかけて、どの程度追い上げたかを示しています。
僕は、差しが届く傾向ならこの数字がプラスの馬を探します。
人気なら信頼の材料に、穴なら広う材料に、という感じでしょうか。

190605大井08の07番

07番キアロディソーレが前走&過去5走以内ともに○。
前走は+0.6で、この点もプラス査定ですね。鞍上は藤本騎手でちょっと心配な材料かも。

190605大井08の14番

14番シモンズは3番手ですが、過去5走以内に上位2頭と差のない32があって、
脚質的にも今の状況は合っている可能性を感じます。
鞍上は柏木騎手が落馬負傷(容体が心配)で笹川騎手に乗り替わり。
良いジョッキーが空いていて良かった!といったところでしょうか。

あとはオッズを見つつ、3頭を中心とした組み立て。
穴馬は赤丸が+の馬じゃないかと思っております。このあたりは新聞でチェックしてみてください!


<大井10R>

安いかもしれませんがシンプルなんじゃないか?という印象を受けるレース。

190605大井10の01~04番

指数上位が打ちにしっかり固まりました。さすがに01番・02番が中心でしょう。
で、やや離れた3番手が04番、そしてやや離れて4番手以下という構図のようです。

03番は先ほどの例にも挙げた人気薄で差し脚のあるタイプ。
こういう馬が、良いのではないかと思っていますが、いかがでしょうか。

その他の馬については新聞でチェックしてみてください!


TEXT:菊池グリグリ
菊池グリグリのTwitter→@guriguritk



TEXT:菊池グリグリ

ゴールデンウイーク中は地方競馬も大盛り上がり。
5月2日は園田でJRA交流の重賞兵庫チャンピオンシップが。5月3日は交流ではありませんが、園田の重賞である兵庫大賞典が組まれています。さらに土日を挟んで月曜は船橋でかしわ記念も!
ということで、園田競馬は新聞・指数を作っているサカモト氏が明るいですが、僕はマキシマム競馬新聞を片手に浦和競馬を観察中…。

e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法

5月1日は雨の影響もあり道悪で、後方一気が届きにくい様子。ざっくり言うと、前に行った馬同士での脱落戦。その中に中団あたりからの差しが1頭届くかどうか?くらいの競馬をやっていました。
そこで注目ポイントは赤線の「前半3Fタイム上位」

190502・浦和0501浦和06Rの1

マキシマム競馬新聞新聞の見方

南関東はやっぱり荒れます。道悪で傾向的な穴狙いに面白いのは、とにかく前に行ける馬を探すために都合の良いツール。
過去3走以内通過順である程度は展開の目星を付けつつも、ここに出てこない馬、指数で劣る馬を拾うのに、「前半3Fタイム上位」が役に立ちます。ここでは8番だけが人気薄。

190502・浦和0501浦和06Rの2

結果、人気の10番・11番が掲示板外に負ける波乱の中、「前半3Fタイム上位」に2つ番号のあった8番サノノヒカリがキッチリ先行して3着に好走。単勝は8番人気でしたが、複勝は11番人気でした。

190502・浦和0501浦和06Rの3

さらに人気のない12番を拾えるかはさておき、8番絡みから人気馬へのながし、或いはピンポイントでワイド…という策なら、何かしらの的中を拾えた可能性。

つづく7R
190502・浦和0501浦和07Rの1

12番は上位人気で、この中で人気がないのは1番、11番、4番、6番。絞り込みが難しい場面ではありましたが…。

190502・浦和0501浦和07Rの2

やはり1頭は入ってくる。逃げた1番が粘って2着、相手も2番手と4角3番手の1番人気馬。

190502・浦和0501浦和07Rの3


では8Rは…?

190502・浦和0501浦和08Rの1

3番は1番人気、10番が人気薄で、12番が2番人気。これはパターン的に、10番を軸に3番・12番へのフォーメーションでいけるのでは?

190502・浦和0501浦和08Rの2

いいよいいよ、高目で来てますよ!(なお、購入していない)

190502・浦和0501浦和08Rの3


よし、9R…

4番が断然人気のレース。4番も右端ではあるものの入っていて、人気サイドでは2番と1番。穴は3番と8番ですね。
ここで満を持して、断然人気の4番を軸に、3番・8番を2列目に据える3連複フォーメーションを購入!

190502・浦和0501浦和09Rの1

いや、4番が飛ぶんかい!!!!

そして56万馬券となる3連複…3列目に7番は拾っていたんですけども…。
ワイドでも14,680円!!

190502・浦和0501浦和09Rの3

そんなワケでして、モノには出来なかったものの、やっぱり穴狙いが良さそう。水曜~木曜深夜にかけても雨が降り続けましたので、引き続き同じ戦法で試してみるのもアリでは?
もちろん兵庫チャンピオンシップも楽しみですが、こちらは恐らくJRAが上位独占で人気サイドでしょう。その前に、浦和をドスケベな戦略で少額かつ高配当狙いで種銭を稼ぐのも面白そうです。
ゴールデンウイーク後半はマキシマム競馬新聞で一発やってやりましょう!

菊池グリグリさんのTwitterアカウントは
→ コチラ


↑このページのトップヘ