南関4場、園田、高知、門別競馬場は現在E新聞にて販売しております。
コンビニプリントもしくはPDF版、2つの種類がございます。

紙にプリントして利用する
e-SHINBUN(イー新聞)からマキシマム競馬新聞の取得方法

船橋、園田競馬場

ネットでダウンロードして、スマホやPCで利用する
最新版は以下から↓
e-SHINBUN(イー新聞)マキシマム競馬新聞のPDF版


マキシマム競馬新聞新聞の見方

それ以外の競馬場は、新聞は作成しておりますが無料でご利用頂けます。
また、ビューワも販売している競馬場以外は、印も指数も両方入ったものとなっております。

無料版のPDF新聞

マキシマム競馬新聞 笠松競馬場
マキシマム競馬新聞 佐賀競馬場

ビューワ

マキシマム競馬新聞ビューワ 12/2
ビューワの使い方


船橋競馬場12R 20:50

最終レースなので、いくらなんでも、間に合うはず。
1日の締めにこんなレースを。

これは「Funabashi Jockeys Festival」という年間を通してのキャンペーンで、船橋競馬場に所属している騎手が、着順に応じて得られるポイントを競う仕組み。
4月~12月の期間中に9回のトライアルラウンド行い、上位の騎手を選出する。
そこで選ばれた騎手により、翌年1月に決勝ラウンドを実施して、年間のチャンピオンを決定する。

説明はこれで合っていると思う。
船橋競馬場の公式ページだとこうなる。
「Funabashi Jockeys Festival」について

船橋競馬で実施予定日の最終レース、能力の拮抗する馬を揃えた選抜競走に船橋競馬所属騎手が騎乗し、相互に騎乗技術の向上を図りながら、船橋競馬を盛り上げる。4月の第1回開催から12月の第9回開催にかけてトライアルラウンドを、1月の第10回開催で決勝ラウンドを実施し、年間チャンピオンを決定する。

すっごく分かり辛い。
余計な言葉が入っているし、繋ぎ方もおかしい。
そして肝心の
何人の騎手が決勝ラウンドへ行けるか分からない!
びっくりした。このページ全部読んだけど、どこにも書いておりませぬ。
嘘でしょ。頭おかしい。
~というイベントを開催します。的な告知で、日付が何処にも無いと同じレベルですよ。

ちなみに、川崎競馬場も同様の事をやっており、説明はこのように。
2022川崎ジョッキーズカップシリーズについて
「ポイント上位14名が決勝ラウンドに進出」と記されております。


こういった騎手ガチャレースは、普通に、何もしなくても、勝手に荒れる。
凄く荒れるから分からん。
前回はこんな結果。
t1
ヘッダの「騎順」で、騎手の競馬場での成績順に並び替えられます。
騎手レースなのだから、上位の騎手から選ぶ。
理屈は合っている。
指数的なもので選んでも、結果がついて来ないレースです。

明日の12Rを、ビューワで同様に見ると。
(12Rは無料版のビューワでも印と指数が入っております)


t2
正直…レース前のオッズ次第だったりはします。
でも、指数◎のプチポワンのような印上位の馬に下位のが乗ってボンボンぶっ飛ぶのよ。
人気するでしょうけど、そういうのがそもそも凡走する前提からのスタート。

騎手順で並び替えて、指数も人気も1桁後半くらいの馬、これが丁度嵌まります。
森泰斗騎手が指数上位なので、それで良い面はあるけれど、ここ頑張れば決勝ラウンド間に合う、的な騎手の方がよりプラス。
そして、冒頭に戻る…。
何人まで出走出来るか分からないので、そのボーダーもイマイチ分からない。
多分、フルゲートで14頭の14人でしょうね。知らんけど。

それに沿った選択だと、7・フィアレススマイル。
張田騎手+平山厩舎の相性は「S」評価で、馴染みの厩舎を引けた時点でついている。
現在のランク的にも、ここでポイント加算しておけば決勝ラウンドには行ける順位。
当日6~9番ぐらいならベストです。
また、枠連でも悪く無さそう。
同枠の8・プリートソリードも同じ指数「10」あります。

9・プリュイは指数は注。
野澤騎手は5走前には、同馬に騎乗して1200m戦を追い込んで3着。
今の船橋は結構後ろから圏内に来やすい状況なので、前が止まるの待ちの姿勢も1発アリです。

〇7・フィアレススマイル
注9・プリュイ
△2・4・5・11・12